川越の写真屋さんイマージュのブログ

小江戸川越で活動する写真屋さん、イマージュのブログです。結婚式の写真撮影、アルバム製作、和装ロケーション撮影、こども写真など。

*

小江戸川越散歩124  広角レンズの事。

   

昨年ソニーのα7sとコシナの15mmの3型を購入。

今まではNIKONの14-24mmを使っていたのだが、重たくて嫌になった。

(そもそも超広角レンズに明るいF値が必要なのだろうか?)

 

最近21mmが欲しくなった。

流石にツァイスやライカは無理なのでコシナになるとは思いますが・・・。

21mmと言えばコンタックスのG21mmが防湿庫にあったので使ってみましたが

残念ながら画像が流れますね・・・。

 

色々と調べてみますと・・・。

元々レンジファインダー式のカメラは1眼レフタイプのレンズよりも超広角系は歪みが少なかったはず。

これはコシナさんの21mmF4P。

左がレンズの1枚目。

広い範囲を写すので丸くなっています。

なので画像は歪みます。

それを右側のレンズが反対向きなので歪みを直す。

簡単に言えばこんな感じだと思います。

対称型レンズと言うそうです。

 

「受光部がピクセルの窪んだ位置に有るため」が、その理由であるそうで、斜め方向から光が入ってくると周辺光量が不足したり、色ずれが発生したりとフィルムの場合には起こりにくい現象が、メーカーサイドで確認されているそうです。

そこでデジタルカメラ専用レンズは、撮像素子の周辺部まで、ほぼ垂直に光が入射するように設計されているとのことです。

 

メーカーさんに聞いてみますと「周辺は流れますよ」との回答。

色ずれもあるみたい。

もしかするとレンズよりもカメラに問題があるのかなぁ・・・。

 

何はともあれF値の明るい物しかデジタルに向くのは明るくてお高いやつのみのようです。

ちなみに新しいタイプの21mmF1.8

 

 

値段倍だもんなぁ・・・。F1.8なんて必要ないしなぁ・・・。

などと思う今日この頃なのです。

 

ちなみに写真はカラスコ35mmF2.5P。

安くて良いレンズです。

どなたかα7sとカラスコ21mmの情報をお持ちの方ご教授くださいませ。

やはり周辺は流れるのでしょうか???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dsc01264%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

 

 

 

 - わが街川越。, , ,